皮下組織まで届くレーザー光線【ニキビ跡を綺麗サッパリ消す治療】

女の人

放っておくと怖い肌の炎症

案内

肌のトラブルに早く気づく

ニキビというのは、放っておくと炎症を起こし、ニキビ跡というものを作ってしまいます。これができてしまうと家での治療が難しくなってしまうので、なるべく早くからの対策が必要です。ニキビ跡の種類には2種類あり、まず一つに赤みと色素沈着があります。これは、時間がたてば治る場合もあるようです。この場合にできる赤みというのは、ニキビを治すために毛細血管が豊富に形成されてできたものなので、ある程度時間がたてば薄くなります。ただ、もう一つのクレーターに関しては自身で治療することが難しくなります。この場合は、コラーゲンやヒアルロン酸を注入して肌を盛り上げる必要があります。場合によってはレーザーでコラーゲンを作ったりと、治療法はさまざまです。

吹出物を防ぐ習慣

それでは、いかにしてニキビ跡を治療するかということですが、間違ってでも化粧品で厚塗りしたり刺激を与えたりしてはいけません。なぜなら、それが原因でさらにニキビ跡がひどくなることがあるからです。まずは、規則正しい生活をすることが大事です。肌というのは28日間ごとに新しく生まれ変わっているので、普段の食生活を見直したり、ストレスをためないことが重要になってきます。水分不足も肌のトラブルの原因となりますので、適度に水分補給することも忘れないでください。そして、肌が生え変わるための新陳代謝が活発になるのは夜の10時から午前2時だといわれているので、その時間帯にしっかりと睡眠をとることも求められます。とくに、肌によい影響を与える成長ホルモンは、深い眠りに入るノンレム睡眠時に多く分泌されるので、余裕を持って早く寝ることが大事です。